上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日産自動車は歩行者と衝突した時にエンジンの上のフードが瞬時に持ち上がることで歩行者の頭部への衝撃を軽減する技術「ポップアップエンジンフード」を開発した。

   nsctcsf.jpg


 主にボンネットが低いスポーツ車に利用する。まず今秋に発売する「スカイラインクーペ」に搭載する。

 バンパーに内蔵されたセンサーが歩行者との衝突を検知し、必要と判断した場合に、エンジンフードのフロントガラス側が9センチメートル持ち上がる。自動車に衝突された歩行者はエンジンフードに頭をぶつけるケースがあるが、フードの下に空間があれば、衝撃を和らげられる。時速20―60キロメートルで走行している時に効果が高いという。

[8月3日日経新聞]

              banner_04.gif  人気blogランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | このブログのTOPへ |