上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新車登録台数の前年割れが3年目に突入しそうだ。

 7月の新車登録状況は20日までに前年7月同期比2・1%増の約13万7200台と上回っているが、今月中旬から登録台数の伸びが鈍くなっている・・・・

 さらに新潟県中越沖地震の影響で後半に登録可能な車両が在庫車中心になり、大手の販売会社では「前年実績を上回ることが厳しい」と見ている。このため新車登録台数の前年割れは25カ月連続となる公算が強まっている。

 東京都内の大手販売店などによると、今月上旬の新車登録状況は好調だったが、受注の伸びが6月に比べて鈍化し始めており、今月中旬の登録に結び付く販売が少なくなっている。下旬に入っても受注状況は好転が見られず、さらに中越沖地震によるリケン被災の影響で国内生産車の供給が停止したことが加わり、在庫車の登録だけでは7月の新車登録台数は前年実績を下回る公算が強くなっている。

              banner_04.gif  人気blogランキング

スポンサーサイト
Tags : ニュース

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | このブログのTOPへ |