上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今年6月末までに、乗用車の生産打ち切りが続出した。世界一ユーザーの商品を見る目が厳しく、陳腐化が早いと言われる日本市場。需要構造の変化は早く、一時は人気を誇った車種もラインアップのスクラップ・アンド・ビルドの波に飲み込まれた格好だ。

 とくに憂き目を見たのはステーションワゴン。「カルディナ」「ステージア」などが後継車種がないまま姿を消した。販売減少が本質的な理由だが、ひとつのきっかけは7月生産車から義務付けられた安全基準の強化―後席裏の荷室隔壁の強度要件だ。

2007.7.14  日刊自動車新聞

                  人気blogランキングへ

banner_04.gif 緑のアイコンをクリックして戴けるとランキングが上がります。
           1日1回ポチッとして下さると嬉しいです。いつも応援 ありが
           とう!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | このブログのTOPへ |