上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレミアムボルボのラインアップ中、最もコンパクトなサイズとなる2ドアクーペ、C30が日本国内に導入された・・・

   vcnew30top.jpg





 プレミアムボルボのラインアップ中、最もコンパクトなサイズとなる2ドアクーペ、C30が日本国内に導入された。本国よりもおよそ6ヶ月遅れでの登場となったが、現在の国産&輸入コンパクトクラスにはないプレミアム性が魅力であろう。ボルボでは、C30を同ブランドのエントリーモデルとしてだけではなく、アクティブなライフスタイルをおくっているユーザー層にアピールするモデルとして位置づけているようだ。

 フロントマスクには、ヘッドライトやグリル、ボンネットのプレスラインなど、明らかにこのモデルがボルボであるとわかるデザインが与えられているが、巨大なカラスゲートや特徴的な形状のコンビネーションランプなどが備えられたリアスタイルからは、非常に新しいデザインテイストがC30に与えられていることが感じられる。

 これはインテリアにも共通しており、フリーフローティング・センタースタックと呼ばれる、浮き上がったように配置されたセンターコンソールは、最近のボルボにおけるインテリアコンセプトで、S40/V50にも採用されているが、リアシートは一般的な3人掛けでなく敢えてセパレートタイプの2人掛けと割り切るなど独特なパッケージとなっている。このあたりは、コンパクトでありながらもプレミアム性を打ち出しているC30ならではの部分といえるだろう。

 スポーツモデルのT-5もラインアップエンジンは、このC30にも横置き直5というボルボ特有のユニットを採用。2.4リッターNAで最高出力170ps/6000rpm、最大トルク23.5kg-m/4400rpmと、2.5リッター インタークーラー付きターボユニットで、同じく230ps/5000rpm、32.6ps/1500-5000rpmの2タイプが設定されており、後者はスポーツグレードのT-5に搭載される。

 また、ボルボといえば“安全”というイメージが強いメーカーであるが、それはコンパクトなC30にもしっかりと引き継がれており、フロント、リア、サイドとも衝撃吸収のために入念に材料や強度等が研究されたボディ構造を採用、コンパクトながらもひとクラス上のS40と同等の安全性を確保しているという。さらにドライバーに各種の警告や車両情報を伝達するIDIS(インテリジェント・ドライバー・インフォメーション・システム)を全車に標準装備し、斜め後方死角の警報システムであるBLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)も用意されるなど、充実のアクティブセーフティ性能も備わっている。

 グレード構成は16インチホイールを装着し、スウェーデン語で「活動的」などの意味を持つ2.4i Aktiv(アクティブ)と、本革シートやパワーシートウッドパネルなどの上級装備が施された2.4i SE、そしてルーフスポイラーやアルミパネルダッシュボードなどが装備され、ハイパフォーマンスユニットを搭載したT-5の3タイプ、ちなみにT-5にはデンマークの名門DYNAUDIO製のスピーカーが組み込まれた「プレミアムサウンド」オーディオシステム標準装備される。価格はそれぞれ285万円、348万円、387万円となっており、C30の日本導入記念モデルとして、インターネット上でのみで70台の販売を予定しているT-5 Sport Designも販売される。

 日本はもとより世界中で入念なリサーチを行い、その結果、「活動的なライフスタイルをおくる独身者やカップル」、「子育てを終えた夫婦」、そして「ファミリーのセカンドカー」をターゲットとし開発が煮詰められたボルボC30。実際そういった層のハートをしっかり掴みとりそうな雰囲気に仕上がっているだけに、その売れ行きに注目したいものだ。

Driving Future より

                  人気blogランキングへ

banner_04.gif 緑のアイコンをクリックして戴けるとランキングが上がります。
           1日1回ポチッとして下さると嬉しいです。いつも応援 ありが
           とう!!

スポンサーサイト

コメント

後方視界良さそう!

僕の周囲では、ボルボに対する女性の好感度はトップクラスです。理知的・インテリといった印象と、安全であるという定評からでしょうか?
僕が幼い頃、実家ではマツダのカペラ・2ドアでした。後部座席がしっかりしていたからでしょうか、乗降性も小さな子供には苦にならず、ただ前が見えにくかっただけという印象があります。今の子供はチャイルドシートもあって視界は確保できるし、このC30くらいなら十分にファミリーカーでも通用しそうですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | このブログのTOPへ |