上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
独ポルシェAGが、レース参戦を前提に開発したホモロゲーション用ベース車両、GT3 RS の動画です。

pgt3rstop.jpg




 スペックは、最高出力415ps/7600rpm。最高回転数は8400rpmに達し、リッターあたりの出力は115.3hp。この数値はGT3と同じだが、6速マニュアルミッションのクロスレシオ化やシングルマス・フライホイールの採用、20kg軽量化された車体重量により、0~100km/h加速は4.2秒と、GT3のタイムをさらに0.1秒上回っている。また、発進からわずか13.3秒で200km/hに達するというタイムも、高速まで加速の勢いがまったく衰えないことを想像させる数値だ。

 ボディは、4WD仕様のカレラ4がベースとなっており、そのためリアフェンダーおよびトレッドは、GT3よりもワイドに仕上がっている。また、軽量化のためボディパーツの一部にカーボンファイバー部品を使い、リアリッドやリアウインドには軽量なプラスティック製パーツを採用。ボルト止めのロールケージが張り巡らされた内装は、走るために必要な部品以外は容赦なく削ぎ落とされ、さらにシートをカーボンコンポジット製の軽量タイプに換装するなどの大幅なダイエットが施されている。その結果、車重はGT3より20kg軽い1375kgに仕上がっており、パワー・ウェイト・レシオは、3.3kg/hpという驚きの軽量・高出力化を実現している

Driving Future より

                  人気blogランキングへ

banner_04.gif 緑のアイコンをクリックして戴けるとランキングが上がります。
           1日1回ポチッとして下さると嬉しいです。いつも応援 ありが
           とう!!
スポンサーサイト

コメント

海外で有名な自動車ジャーナリストみたいですね。
そうですね彼について今度調べておきます。

アドレナリン、ちゃんと出てる?

あの、僕不勉強な上に英語の聞き取りもヘタなんでよくわからなかったのですが、この動画でGT3RSのステアリングを握っている男性は、有名なドライバーだった方なんでしょうか?スイフトやベントレーの動画にも出ておられた方ですよね?
涼しい顔して4輪ドリフト・・・何者?
あれだけ振り回せると、何乗っても楽しいだろうなぁ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | このブログのTOPへ |