上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         北海道産で世界初の乗り物デュアルモードビークル

   dmvtop.jpg


                Dual Mode Vehicle(DMV)


JR北海道が開発している道路と線路の両方で走ることができる両用車。走行試験はマイクロバスを改造したものが使われ、車体の下から鉄の車輪を出し入れして、線路走行時には鉄の車輪、道路走行時にはゴムタイヤと、道路と線路を自由に行き来できる。線路上では時速70キロメートル程度を出せるが、道路上は法定速度で走る。
線路から道路への乗り降りに要する時間は、わずか10~15秒。1両約1500万円と量産も可能で、2007年度の実用化を目指している。似た形式としてデュアルモードバスがあるが、こちらは専用路走行中はゴムタイヤをつけた無人電車として走行し、専用路を出ると運転士の操作による電気バスと同じ機能で走行する。1976年に試作車が完成したが、実用化のめどが立たないまま実験は終了している。

                  人気blogランキングへ

banner_04.gif 緑のアイコンをクリックして戴けるとランキングが上がります。
           1日1回ポチッとして下さると嬉しいです。いつも応援 ありが
           とう!!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | このブログのTOPへ |